雅投資顧問とTMJ投資顧問のステマサイトについて

 

令和元年9月20日に行われた投資顧問ベストプランナーの行政処分に始まり、令和2年3月12日にグループ会社の雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問の行政処分が立て続けに実施されたのはもはや周知の事実です。

 

その行政処分の主な原因となったのが、『当該ウェブサイトにおける虚偽の広告』です。

 

当該ウェブサイトというのは、ここでは投資助言業者等を評価・比較している複数のウェブサイトを指し、運営側のスタッフが第三者を装った口コミの投稿や一般投資家を誘導するような記事の作成していたことが問題視されたようです。

 

これらの行為を一般的には、運営会社が有利に利益を上げる為、消費者に広告だと気づかれないように宣伝することをステルスマーケティングと言い、またの名をヤラセやサクラとも言います。

 

近年で有名になったものの例題として、芸能人やインフルエンサーを利用したペニオク詐欺事件や、食べログの第三者を装うやらせ事件などが挙げられますね。

 

では、雅投資顧問(現:投資顧問AIP)やTMJ投資顧問はどういった口コミサイトを用いて自社サイトに誘導していたのか、洗いざらいピックアップして掲載していきたいと思います。

 

 

 「とにかく利益を掴みたい」「ロスカット続きの投資環境を変えたい!」など、今すぐ行動を起こしたい方は多くの会員が利益を獲得してきた優秀な銘柄を手に入れるチャンス!

以下ボタンから優良サイトチェック!無料銘柄をご利用くださいませ。

 

 

投資顧問とTMJ投資顧問のステマサイト

 

 

雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問のステマサイトには、いくつかの特徴があるのをご存じの方も多いでしょう。

 

まずは、それら特徴をおさらいとしていくつか挙げてみました。

 

  1. 雅投資顧問(現:投資顧問AIP)TMJ投資顧問を優良としている。行政処分後は、AIスクリーニングという商材サイトも追加された。
  2. 雅投資顧問(現:投資顧問AIP)TMJ投資顧問以外の投資顧問及び情報サイト、更にはアナリストまで基本的に記事や第三者を装った口コミで誹謗中傷している。(※広告を出している一部のステマサイトを除く)
  3. 雅投資顧問(現:投資顧問AIP)TMJ投資顧問の行政処分後にPR記事が追加された。
  4. 雅投資顧問(現:投資顧問AIP)TMJ投資顧の検証記事の口コミ欄は、悪い口コミなど一つもなく絶賛する口コミで埋め尽くされている。
  5. 雅投資顧問(現:投資顧問AIP)TMJ投資顧問のステマサイトでは、基本的に足がつかないように海外サーバーを中継している。

 

これらの条件をみたしている口コミサイトが、大方雅投資顧問とTMJ投資顧問が集客目的で運営しているステマサイトとなります。

 

投資顧問とTMJ投資顧問のステマ被害

 

 

雅投資顧問(現:投資顧問AIP)やTMJ投資顧問のステマと言っても一概に口コミサイトってだけではありません。

 

日常的に系列会社とは全く無縁の投資顧問サイトや情報サイト、及びアナリストを誹謗中傷していることから、それら標的となったサイトから対策として擁護サイトを作成する動きがかなり見られました。

 

ただ、擁護サイトを作っているのは、雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問も同じで、日頃から攻撃しまくっているだけにそういった自社サイトを守る動きも確認できています。

 

では、擁護サイトを作った会社として最初に名前があがるであろう、新生ジャパン投資顧問と株エヴァンジェリストの検証ブログをまず見ていきたいと思います。

 

以下のサイトは、一見利用者が記事を書いている様にも見えますが、間違いなく新生ジャパン投資顧問と株エヴァンジェリストの運営に関わる人間が雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問のステマ批判による対策として立ち上げたブログです。

 

★新生ジャパン投資顧問

★株エヴァンジェリスト

 

こちらの検証ブログも新生ジャパン投資顧問によるものですね。

 

 

新生ジャパン投資顧問も、グループ会社の株エヴァンジェリストと結託し、いくつもの擁護サイトを作成していると業界では有名ではありますが、そもそも雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問のステマサイトによる誹謗中傷がなければ、こんな検証ブログなんか作られるはずもないですからなんとも複雑な気持ちですね。

 

ちなみに、新生ジャパン投資顧問と株エヴァンジェリストの他にも、雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問の中傷被害を訴える会社があります。

 

それは、今はヘッジファンドバンキング株式会社から社名を変えてしまいましたが、日本投資機構株式会社という助言会社です。

 

ただ、先ほどお見せした新生ジャパン投資顧問と株エヴァンジェリストとは、一点違うところがあり、こちらの日本投資機構株式会社は自社公式ブログで堂々と雅投資顧問とTMJ投資顧問のステマ行為は悪質だ!と訴えています。

 

 

さらには、日本投資機構株式会社のyoutubeチャンネル、ヘッジファンドTVで部長自ら顔を出し、雅投資顧問、TMJ投資顧問、ベストプランナー投資顧問の口コミは自作自演のステマだとはっきり述べています。

 

 

個人的には、裏で利用者が記事を書いているように小細工をする新生ジャパン投資顧問と株エヴァンジェリストよりも、日本投資機構株式会社のこのハッキリした感じは好感が持てます。

 

ただ、この日本投資機構株式会社は、過去社名を変える前のヘッジファンドバンキングという会社の時に金融庁に未登録の会社(株式会社JG-company)と提携して、グループ会社化して一緒にサイトを運営していたことで行政処分を受けています。

 

ちなみに、この株式会社JG-companyの元会長の「大城英史」という人物を含めたスタッフ6名は、顧客から約37億円もの顧問料を徴収していたことがきっかけで金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたというから驚きです。

 

上記の逮捕までの過程は、NHKのニュースでも報道されたので知っている人は知っているかもしれませんね。

 

投資顧問とTMJ投資顧問は法律の悪用をしている

 

 

雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問の自作自演の集客目的で悪用されるステマサイトでは、日常的にグループ会社とは関係ない投資顧問や情報会社、アナリストや更には株情報サイトまで誹謗中傷を繰り返しています。

 

そもそも、上昇しそうな銘柄の推奨や、提供銘柄のアドバイスを有料サービスとして行うには、金融庁の登録を受ける必要があります。

 

しかし、雅投資顧問(現:投資顧問AIP)とTMJ投資顧問はしっかり登録を済ませ運営を行っていたにも関わらず、口コミサイトの悪用をしていた投資顧問ベストプランナーの廃業に始め、上記2社は同じことを繰り返し令和2年3月に行政処分となってしまったわけですが……、お気づきでしょうか?

 

これはある意味、法律の悪用とも言えます。

 

金商という後ろ盾を顧客に見せつけ、「安心して資産形成ができる」と思わせることで、ステマサイトで集客した一般投資家が有料情報を買うように、ありもしない実績や作り話などで吊っているのですから、評判が悪くなるのも至極当然の結果ですよね。

 

ましてや、雅投資顧問に関しては、行政処分後に半年もしないうちに『投資顧問AIP』と社名変更を行い、まるで行政処分がなかったかのような対応を顧客にしているわけですから、詐欺会社だと言われてもしょうがないです。

 

投資顧問業界では、無登録業者(金商を持っていない会社)こそ悪みたいな風潮があります。

 

別に無登録業者を擁護するわけでは無いですが、金商登録を済ませている会社でも普通にこういった詐欺紛いな行為を平気で行っているということをもっと知ってもらいたいです。

 

ましてや、プロフィールにも記載していますが私は過去に合計36社もの投資助言会社を利用してきたので、無登録業者の良さというのも当然知っているわけです。

 

全てが悪ではない。

 

これが私の見解となりますが、ただ雅投資顧問とTMJ投資顧問、そして今は廃業してしまいましたが系列会社の投資顧問ベストプランナーに関しては、悪質さは過去に使ってきた会社の中でも随一です。

 

各々の会社の代表取締役の中野稔彦、渡邉誠二、高見英治が繰り広げる悪質な事業そのものを決して許しはしません。

 

仮に、この掲示板のコメント欄に「この会社どうなの?」という問い合わせを頂けたら、使ったことがある会社はもとより、使っていない会社についても全てお応えしますよ。

 

 

 「とにかく利益を掴みたい」「ロスカット続きの投資環境を変えたい!」など、今すぐ行動を起こしたい方は多くの会員が利益を獲得してきた優秀な銘柄を手に入れるチャンス!

以下ボタンから優良サイトチェック!無料銘柄をご利用くださいませ。

 

 

当サイトの口コミで高評価を受ける優良投資顧問はこちら