ストックシーヴ(STOCK SIEVE)に詐欺師疑惑アリ?口コミや評判から危険性を調査!

 

近年はグローイングAIを筆頭に、人工知能を活用した株サイトが増えています。

システムで情報の選定をおこなうことで人件費の削減や時間の短縮を実現しています。

 

今回はその中でも新しいと言われている『ストックシーヴ』を検証しています。

公式サイトもあっさりとしていて確認のしがいが無い株サイトだったので、会社概要や最新クチコミなど隈なくチェックしています。

 

最終的には優良サイトか否かということにも言及していますので、株サイトにお悩みの方はストックシーヴの検証結果をしっかりとご覧くださいね。

 

また、当サイトでは検証を行うことで優良サービスを見つけ出しています。

今の投資家におすすめの優良株サイトももちろんご紹介中なので気になる方は下のボタンからご確認ください。

 

株取引の参考には株情報サイトがおすすめ!
最近は1週間ほどで株価が70%程度上昇する短期高騰株の保有が流行っています。
そんな短期高騰株を積極的に案内してくれているのが「株情報サイト」です。

 

当サイトでは、しっかりと高騰実績の裏付けがあって、利用者からの評判も上々な優良株情報サイトを特別にご案内しています。
今だけ0円で有料レベルの推奨銘柄を無料プレゼント中なので、ぜひご確認ください。

 

 

 

投資サービス『ストックシーヴ』とは?

 

株助
まずはストックシーヴについて説明します。

 

ストックシーヴ(STOCKSIEVE)は人工知能を活用した投資システムです。

最新の人工知能(AI)を使うことによって、ボタン一つで大化け銘柄がすぐに分かると言われています。

 

大化け銘柄がどのように提案されるのかは明らかになっていませんが、株式投資の鬼門である銘柄選定をAIに任せることで知識のない投資家でも完璧なテクニカル分析を実現可能としています。

効率と手軽さを実現した投資サービスは初めてでも使いやすいとのことです。

 

AI(人工知能)を活用した株サイトは機械がゆえに個体差が少なく、参考サイトを選びづらい印象です。

そんな中で遅れて登場したストックシーヴは人気の株サイトとなれるのでしょうか。

 

ストックシーヴは人に頼らないことで利益をUP?

 

先述したようにストックシーヴでは銘柄選定を機械化することで大化け銘柄を見つけ出しています。

その成果は上々なようで、公式サイトには下記のような華々しい成果が掲げられています。

 

・選定銘柄【1410銘柄】

・2倍越え銘柄【266銘柄】

・平均上昇率【77%】

 

ストックシーヴによれば、この成果はすべてAIに任せているから実現できることだそうです。

他社の成果と大差がないように見えますが「人に頼っていては穫れる利益も取れなくなる?」とのことで未来では違ってくるのかもしれません。

 

今は良くても将来はどうなるか分からない。

コロナ禍を経験して、投資家のみなさんはその事実をひしひしと感じているはずです。

 

現行の株式投資に甘んじることなく、未来を見据えて、常に革新的なサービスを利用すべきなのかもしれませんね。

ただ、個人的にはストックシーヴの投資サービスを利用するのはおすすめしていません。

 

ストックシーヴは公式サイトの作りが甘い?

 

個人的にストックシーヴの利用をおすすめしない理由の一つとして、公式サイトの漢字ミスと情報量の少なさが挙げられます。

この気になる2点について、ここでは詳しくご紹介します。

 

公式サイトに漢字ミスを発見?

 

先ほど紹介したようにストックシーヴはAIに頼ることで大きな成果を出しています。

そのため、運用者はシステムに強い人物であれば問題はありません。

 

しかし、システムを頻繁に改善していくにはそれなりの賢さが必要です。

さらに言えば一つでもミスがあれば完成しないのが難しいところ、徹底した確認はマストだと言えるでしょう。

 

そうにも関わらずストックシーヴの公式サイトには漢字の間違いが目立ちます。

先ほど紹介した「人に頼っていては穫れる利益も取れなくなる?」という文も、実際は"獲れる(とれる)"としたかったのではないでしょうか。

 

"利益を穫れる(かれる)"では意味が伝わり辛い気がします。

このような、ちょっと気になるところがストックシーヴの公式サイトには沢山あります。

 

そのため、ストックシーヴに対する印象は「危険そう」というのが素直なところ。

公式サイトはサービスの顔です。

 

お客様である消費者が一番はじめに見る公式の提供物がこのクオリティでは先が思いやられます。

多くのスタッフが制作に携わっていて、何度もチェックをしているであろうものがこの程度というのは選定銘柄でも同じようなことが起きているのでは無いかと不安にならざるを得ません。

 

株式投資はリスクゼロの資産運用ではありません。

この程度の意識で仕事をしているスタッフに資産を預けて運用を任せることなど出来るのかという点はいま一度しっかりと考えるべきでしょう。

 

情報量の少なさが怖い?

 

また、ストックシーヴを確認するうえで気になったのがサービス内容に対する説明の少なさです。

全体的に一般的な株サイトよりも説明が少なく、掲載内容も抽象的で分かりづらいため「登録をしてみたものの不安」という状況が生まれやすい気がしました。

 

最近は単発契約で選定基準はマーケットの近況によるという投資サービスが存在しています。

低位株を案内していること以外はタイミングによって異なりますが、説明に不備はなく、安心してご利用いただけます。

 

しかし、ストックシーヴはそうではありません。

有料サービスについて平均的な利用料金すらも掲載されていない状態で、どんな銘柄が積極的に案内されているのかも曖昧です。

 

ボタン一つで大化け銘柄が手に入るとはありますが、資金力がストックシーヴの考える基準に達していなければ銘柄を買い付けることすら出来ません。

この辺りは登録前に知っておきたい内容なので記載しておいてもらえると嬉しいですよね。

 

有料サービスに関してはクチコミで確認できる場合があります。

ただ残念ながら、ストックシーヴはまだ利用者がほとんどいないようです。

ストックシーヴの投資実績

 

続いてはストックシーヴの投資実績を見てみましょう。

公式サイトには以下のような銘柄が「代表的な大化け銘柄」として掲載されています。

 

【3810】サイバーステップ
安値:293円
最高値:7,980円
平均上昇率:27.2倍

【3936】グローバルウェイ
安値:60円
最高値:2,192円
平均上昇率:36.5倍

【8256】プロルート丸光
安値:47円
最高値:538円
平均上昇率:11.4倍

【2315】CAICA
安値:160円
最高値:850円
平均上昇率:5.3倍

 

上昇率がかなり高い銘柄が揃っています。

これが本当に案内している銘柄であれば、ストックシーヴを使って大きな成果をあげることは容易いでしょう。

 

しかし、掲載銘柄をよく見てみると推奨日や売却日は記載されていません。

これではどのくらいの期間で銘柄が30倍越えしたのかも分かりませんね。

 

数十年の長い月日をかけて高騰しているのであれば、契約料金もそれなりです。

決してコスパの良い株サイトだとは言えません。

 

さらにストックシーヴがこの銘柄をサポートしていたのかどうかも明記されていませんね。

つまり、掲載されている大化け銘柄は時間の流れで高騰しただけの銘柄である可能性も高いです。

 

そうであれば何のために大化け銘柄を掲載しているのでしょう。

最近は高騰銘柄を掲げて過大広告まがいの悪質行為をおこなう株サイトも増えています。

 

開設したばかりのストックシーヴがこのような悪質行為を既に行っているとは疑いたくありませんが、大化け銘柄を見る限りではそう考えざるを得ませんね。

 

ストックシーヴの投資詐欺を3つのポイントで確認

 

疑わしい部分があるものの、ストックシーヴは開設されたばかりの株サイトです。

今はまだ体裁が整っていないだけかもしれないため、詐欺サイトと言うには時期早々だと言えるでしょう。

 

とはいえ、悪質か否かを見極めるのに被害報告を待つなんてことはありません。

当サイトでは投資詐欺を見分けるために3つのポイントを設けています。

 

投資詐欺を見分けるポイント
・行政処分歴の有無
投資家を騙すことが常習している悪質詐欺サイトならば、関係のある株サイトや運営業者は行政処分を受けていることでしょう。
・投資実績の信頼性度
投資詐欺であれば過去の素晴らしい実績はすべて嘘です。投資成果を確認するという意味でも掲載実績はしっかりと確認しておきましょう。
・経歴の記載
もし詐欺業者ならば経歴には整合性の取れない部分が存在します。創立年数を盛ってみたり謎の社名変更があったりと不審な点が出てくるはずです。華々しいだけの素敵な経歴には要注意ですね。

ここではストックシーヴに上記のポイントを当てはめて確認していきましょう。

 

行政処分歴の有無

 

ストックシーヴが行政処分を受けた事実は存在しないようです。

また、ストックシーヴを運営する『株式会社AREA20』が処分を受けている事実も存在していませんでした。

 

株式会社AREA20に関しては公式サイトなどが用意されておらず、どんな会社なのかが分かり兼ねる状態です。

ストックシーヴを運営するためだけに作られた架空の会社である可能性も高いのでお気をつけください。

 

投資実績の信頼性

 

ストックシーヴの公式サイトには投資実績が掲載されていません。

したがって投資実績の信憑性を判断することは出来ません。

 

新しめの株サイトと言うことで投資実績はこれから掲載されていくのかもしれませんね。

ゆっくりと見守っていくことにしましょう。

 

株助
でも、大化け銘柄はすでに掲載されているよね。

 

投資実績は掲載されていないものの、ストックシーヴでは大化け銘柄が掲載されています。

が、しかし、先述したように、大化け銘柄はストックシーヴが投資サポートを行ったものではありません。

 

誤解を招くような表記で非常に紛らわしいですよね。

ただ現段階では大化け銘柄が「投資実績」として掲載されていないため、事実の捏造にも過大広告にも値しないそうです。

 

ギリギリの表記で誤解を煽っていることを考えると信用しすぎるのも危険かもしれませんね。

 

経歴の記載

 

ストックシーヴの歴史に関する情報は見つかりませんでした。

運営会社である「株式会社AREA20」は2018年に設立されたようで、法人登録データが見つかっています。

 

ただ、それ以外のデータは一切ない状態です。

新しい株サイトには期待したいと思うものの、このように実績も何もないとなると不安を感じてしまいますね。

 

ストックシーヴの提供サービス

 

そうは言っても私が使いたいのはストックシーヴだ!という方に朗報です。

ストックシーヴでは今だけ限定で無料体験サービスが案内されています。

 

ストックシーヴの無料サービス

 

近年は内容や質を知ってもらうために無料で投資サービスを案内する株サイトが増えています。

ストックシーヴもそのひとつで、0円で大化け銘柄をゲットできると案内しています。

 

大化け銘柄をゲットするまでの手順はとっても簡単。

無料体験版を申し込んでサービスを起動し、画面に表示される大化け銘柄をチェックするだけです。

 

かなり簡単で魅力的ですが、案内銘柄は専用の端末でしか見ることができません。

そのため、無料体験版の利用には住所や氏名、電話番号の登録が必要となります。

 

他社サービスであればメールアドレスだけで利用することができる株情報でも、ストックシーヴで利用する場合は多めに個人情報を登録しなければいけません。

ここまでして同じような情報を手に入れる必要はあるのか。

 

気になる方はご確認ください。

また、ストックシーヴには有料サービスが用意されています。

 

ストックシーヴの有料サービス

 

ストックシーヴでは無料サービスを終えた利用者に有料契約を案内しています。

有料サービスの詳細は公式サイトにも掲載されておらず、無料サービスの終了間際に特別に案内されているとのこと。

 

提供サービスが分からないどころか、投資実績も公開されていないので使いづらいですね。

クチコミも少ないことから安心して利用できるとは言い切れません。

 

株助
公式サイトですら詳細を公開していないのは不安ですね。

 

ストックシーヴは参考にすべき投資サービスか

 

今回は投資システム「ストックシーヴ」の検証を行いました。

ストックシーヴはボタン一つで大化け銘柄が手に入る投資サービスです。

 

専用機器を利用して銘柄を案内しており、配信情報は平均上昇率77%を記録しています。

高確率で高騰銘柄が案内されていることからも注目度の高いサービスですが、新しい株サイトであるためか調べていると不安を感じる点がいくつか見受けられました。

 

投資実績は掲載されておらず、有料サービスの内容も曖昧。

この状態では投資家が安心して投資サービスを利用することは出来ません。

 

新しい投資サービスであることも関係し、利用者クチコミから評判を確認することも出来ないので利用を考えるのはもう少し様子を見てからがベストだと言えるでしょう。

 

そのため、ストックシーヴに関しては改めて追加検査を行いたいと思います。

有料サービスの詳細が公式サイトに掲載されていないことからも、今は軽率に登録しないようお気を付けください。

 

また、当サイトでは検証を行うことでマーケットに合った優良サービスをピックアップしています。

儲かりたい投資家はぜひ下のボタンから詳細をご覧ください。

 

株取引の参考には株情報サイトがおすすめ!
最近は1週間ほどで株価が70%程度上昇する短期高騰株の保有が流行っています。
そんな短期高騰株を積極的に案内してくれているのが「株情報サイト」です。

 

当サイトでは、しっかりと高騰実績の裏付けがあって、利用者からの評判も上々な優良株情報サイトを特別にご案内しています。
今だけ0円で有料レベルの推奨銘柄を無料プレゼント中なので、ぜひご確認ください。

 

 

この記事を書いた人
userimg
株助
この記事は、株式投資をはじめて早13年。過去に36社以上の利用経験をもち、悪質株サイトの餌食となった経験もある『株助』が執筆しています。利用者のリアルな声やクチコミ、実際の様子を考慮して正しく検証を行った結果をまとめています。読者のみなさまの株式投資を紹介記事でサポート出来ると嬉しいです。